早漏改善.JP > 自己紹介 > 2回目で分かった!僕って強いぞ!

2回目で分かった!僕って強いぞ!

2回目は「相手が変われば結果も変わるかもしれない」ということで、1回目とは違うお店に予約を入れました。

今度のお相手は、関西系ギャルです。

前回と違い、待合室で待っていると予約した女性がスッとお迎えに来てくれました。

顔はガッキー系で、色白&スタイルは抜群でした。

見た瞬間、「大当たりぃ~!」と心の中でガッツポーズしてしまいました。

 

そこのお店はサービスで即尺からスタートだったのです。

一応分かっていたので、お姉さんが僕の前でしゃがみこんだ時は「はい、来ました!」と余裕で受け入れました。

さあ始まるぞぉ~と意気込んだのはいいけど、パンツ降ろしてパクっとされて3回ほど出し入れした瞬間に

「ドピュッ!」

とフィニッシュ。

 

この時点で「あ、僕、早漏なんだ・・・」と確定してしました。

 

結論が出るまであっという間でしたよ。

そしてソープ嬢のお姉さんから、またトラウマになる一言が発せられたのでした。

 

「ん~、過去、最速だよぉ~♪」

 

お姉さんは、やっぱり笑顔で言い放ちました。

前回もそうでしたが、暴発したあとは笑顔でヒドイことを言われます。

僕がドMだったら、これだけでもう1回イッてしまうでしょう。

ただでさえ「僕、早漏!」と確定した瞬間で悲しいのに、それに加えて「過去最速」の称号まで与えられたのですから頭の中は真っ白でした。

 

 

それでも僕は強かった!

ここで普通の凡人なら、いとも簡単に落ち込んでしまうことでしょう。

でも僕は、初体験の時に4回もイった男です。

たしかに一瞬は精神的に落ち込みましたが、心と体は別物でした。

体を洗ってもらっている間に、アソコは2回戦を迎える準備万端になっていたのです。

「僕って強い!」

悲しみの中にも、何か活路を見出したような感覚を今でも覚えています。

そこから何事でもへこたれることなく、淡々と頑張れるようになりました。

 

ありがたいことに、そのお店は時間内なら何回でもOK!というサービス内容でした。

それなら「回数」でも「過去最高」を記録してやろうと気持ちを切り替えたのでした。

「やっぱり僕って強い!!!」

 

結果的に4回イッたのですが、過去最高は6回だそうです。

負けました。

前日にソープに行けると興奮して、前夜に2回もオナニーしたのが敗因でした。

時間的には6回できる感じでしたが、5回目では何をしてもらっても半立ち状態で完全勃起しませんでした。

いろいろな意味で悔しい思いをした2回目のソープランドとなりました。

 

最終的に卒業式の日にも3回目のリベンジに向かうのですが、結果はやっぱり「惨敗」。

「完全に早漏じゃん!」と確信を持てた日になっただけでした。

それでもまだ少しは希望があったんです。

というのも、今までの3回は全てお相手はプロ。

素人さんとは、まだ1戦も交えたことがありません。

アマチュア相手なら、即尺もないし潜望鏡もありません。

自分のペースで進められるから、「ひょっとしたら、すぐにフィニッシュすることはないかも・・・・」とかすかな希望を持っていたんです。

そして大学卒業から1年が経過して、素人さんとの初対戦を迎えることになりました。

そこで起こった衝撃の出来事とは・・・>>彼女ができた!そして本当の悩みに気づいた